The Hitchhiker’s Guide to Python の和訳の公式管理者になりました

概要

オライリーの洋書に The Hitchhiker’s Guide to Python というPython 初学者向けの本がありますが、 その書籍のもととなるサイト The Hitchhiker’s Guide to Python (en) の和訳 The Hitchhiker’s Guide to Python (ja) を行ったところ公式サイトからリンクを貼ってもらえ、和訳の公式管理者になりました。

動機

転職して自分の時間が持てるようになり、久々に外部の勉強会やオープンソースの活動に参加できるようになりました。

  • Pythonが好きなためPythonをもとにしたオープンソースの活動とすること
  • 取り掛かりやすそうな翻訳とすること

を観点に探していたところ The Hitchhiker’s Guide to Python のサイトにたどり着き、日本語訳が約3年滞っていたため、自分が更新出来ないかと思いました。

Sphinx+翻訳 Hack-a-thon への参加

もともと日本語訳をされていた方に翻訳手順を聞くため、連絡してみたところ返事が帰って来ず。。 並行して公式ドキュメントを参照していたところ、Sphinx で書かれているため reStructuredText 形式を 覚える必要があるということがわかりました。

ちょうど同時期にSphinx勉強会があったので Sphinx+翻訳 Hack-a-thon 2016.12 へ参加しました。 過去に翻訳本を出版されている shimizukawaさん、tk0miyaさん、usaturnさんに翻訳しようとしているサイトを相談したところ、 内容もかなり変わっているから一から翻訳したほうがいいのでは? と助言をいただき、一から翻訳を開始することにしました。

調べていくうちにドキュメントの公開は ReadtheDocs というドキュメントのホスティングサービスに公開していることが わかったので、慣れるよう使ってみました。

翻訳

以下の手順で翻訳を行いました。

  • 翻訳機にかける
  • 英語版と照らし合わせて正しい翻訳に直す
  • 流暢な日本語になるよう、意味を崩しすぎず修正

公開

ReadtheDocs に公開後、公式サイトを管理されている kennethreitz さんに日本語訳を更新したことを連絡したところ、 返事が返ってきて公式サイトからリンクを貼ってもらえ、晴れて日本語訳の公式管理者になることができました。

Email GitHub

links

social